2014.11.24

アンチェロッティ監督、レアル50試合達成…リーガ最多得点も視野に

アンチェロッティ
エイバル戦でリーガ50試合を達成したレアルのアンチェロッティ監督 [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは、22日に行われたリーガ・エスパニョーラ第12節でエイバルと対戦し4­-0で圧勝。同試合はカルロ・アンチェロッティ監督にとってリーガ50試合目だった。イタリア人のアンチェロッティ監督が率いるレアル・マドリードは50試合で37勝6分7敗という戦績を残している。スペイン紙『マルカ』が伝えた。


 アンチェロッティ監督が率いるレアル・マドリードで特筆すべきはそのアウェーでの得点力。リーグ戦のアウェーゲーム24試合で62得点を決めており、1試合平均2.58ゴールと高い得点率を誇っている。これはジョゼ・モウリーニョ監督(現チェルシー)が率いていたチームの1試合平均2.24ゴール、マヌエル・ペジェグリーニ監督(現マンチェスター・C)のチームの1試合平均2.21ゴールを上回る数字だ。

 今シーズンのレアル・マドリードは第12節終了時点で46得点を決めており、リーガでは1試合平均3.83ゴールとエースであるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド同様にハイペースで得点を積み重ねている。このままのペースで行けば、今シーズン終了時には145得点を決めることになる。2011­-12シーズンにレアル・マドリードが達成した1シーズンのリーガ最多得点記録121ゴールを大きく上回ることになる。

 C・ロナウドも第12節終了時点で20得点を決めた。驚異的なペースだ。このままペースならば、シーズン終了時には63得点を決めることになる。またC・ロナウドは現在リーガ176試合198得点を記録。第13節のマラガ戦では自身にとってリーガ200ゴール目を記録することになるかもしれない。

 今シーズンのレアル・マドリードはこのように破壊力がある。シーズンが終わる頃にはチームと個人のシーズン得点最多記録を更新している可能性は高い。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
43pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
28pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
25pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
レアル・マドリード
31pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
37pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
30pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング