FOLLOW US

ロヴレン、選手として社会問題の解決へ決意「重要なのはサッカーを通して何を伝えられるか」

リヴァプールに所属するロヴレン [写真]=Getty Images

 リヴァプールに所属するクロアチア代表DFデヤン・ロヴレンが人種差別について言及した。4日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 同メディアのインタビューに登場したロヴレンは、近ごろ物議を醸している人種差別問題についてコメント。5月25日にアメリカのミネソタ州で、黒人男性のジョージ・フロイド氏が警察官による拘束を受け亡くなったことについて、自身の見解を以下のように語っている。

「アメリカで起きたことは受け入れがたい事実だ。人間は誰もが平等に見なされるべきだと思う。先日はドルトムントのFWジェイドン・サンチョが人種差別へ反対するゴールパフォーマンスを見せたが、重要なのは彼のようにサッカーを通して何を伝えられるかだ。サッカーにできることはゴールを決めることだけではない」

「時に『サッカーに専念しろ』という批判もあるが、僕はそう思わない。僕たちも皆人間であり、多くのことに興味を抱いているからね。もちろん中心には常にサッカーがあるだろうが、ポジティブな発信で誰かを後押しできたり救えたりするのなら、積極的に取り組むべきだと思う。自分たちには、何か良いことを生み出せる力があると信じているんだ」

 社会問題の解決へ、ロヴレンは決意を固めているようだ。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA