FOLLOW US

レアルDFバジェホがグラナダ移籍へ…ローン先のウルブズで定位置を掴めず

ウルブズで出場機会を失っているバジェホ [写真]=Getty Images

 今季レアル・マドリードからウルヴァーハンプトンへローン移籍しているU-23スペイン代表DFヘスス・バジェホが、イングランドでの挑戦を半年で切り上げてグラナダへ加入する見込みだ。スペインメディア『マルカ』が22日に報じている。

 現在23歳のバジェホは、出場機会を求めて今シーズン開幕前にウルヴァーハンプトンへローン加入していた。しかし、ウルヴァーハンプトンでは定位置を確保できず。今シーズンはプレミアリーグ第23節終了時点で2試合の出場にとどまっていた。昨年12月29日に行われた第20節のリヴァプール戦以降はベンチ入りもしておらず、今冬中の退団が報じられていた。

 また、ウルヴァーハンプトンを率いるヌーノ・エスピーリト監督も「非常に分かりきったことだよ。ヘススはおそらくクラブを去る。彼は出場機会を欲しがっているんだ」と話しており、今冬中にウルヴァーハンプトンを離れることが確実視されている。

 バジェホの新天地として名前が挙がっているのがグラナダだ。今シーズン、3年ぶりに1部へ戻ってきたクラブは、リーガ・エスパニョーラ第20節終了時点で10位につけている。レアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督がゴーサインを出した段階で、バジェホの移籍オペレーションは完了に近づくようだ。

プレミアリーグ観るならDAZN!
期間限定2カ月無料キャンペーンはこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA