2019.11.10

トッテナム指揮官、苦戦が続くチームに言及「我々は“過渡期”で時間が必要」

シェフィールド・U戦で指揮を執るポチェッティーノ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、自身が率いるチームについて言及した。9日付けで、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 トッテナムは9日に行われたシェフィールド・U戦を1ー1で引き分け、リーグ戦12試合を終えて勝ち点は14。暫定ながら現在12位で、チャンピオンズリーグ(CL)の出場圏内である4位とは11の勝ち点差がある。

 ポチェッティーノ監督は今のチームが“過渡期”であるとし、昨シーズンまでの強さを構築するには時間がかかると感じているようだ。シェフィールド・U戦にも触れながら以下のように語っている。

「我々は過渡期にあり、自分たちが望むものを構築するには時間が必要だ。とはいえ、今は世界で最も厳しいプレミアリーグとCLを戦っている。チーム編成のバランスを取るのは簡単なことではないよ」

「今回の試合(シェフィールド・U戦)で失望しているのは、後半に先制したにもかかわらず、そのリードを守れなかったこと。また試合を決める2点目を決めることができなかったことだ。イライラするのは良くないことだけど、幸せな気持ちではなかったね」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング