2019.08.25

またも人種差別的投稿…マンU、ポグバに続いてラッシュフォードも被害に

人種差別の被害を受けたラッシュフォード [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが人種差別の被害を受けた模様だ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が24日に報じている。

 プレミアリーグ第3節が24日に行われ、マンチェスター・Uはホームでクリスタル・パレスと対戦した。69分、マンチェスター・Uは1点ビハインドの状況でPKを獲得。キッカーのラッシュフォードは、相手GKの逆をついたものの、シュートは左ポストに弾かれてPK失敗。チームは1-2で敗れて、リーグ初黒星となった。

『スカイスポーツ』によると、ラッシュフォードはPK失敗によりTwitter上で人種差別被害を受けたという。マンチェスター・Uは前節のウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ戦でも、フランス代表MFポール・ポグバがPKを失敗したことでTwitter上で人種差別の被害を受けている。

 前節のポグバの件を受けて、マンチェスター・UはTwitter社と人種差別的投稿について話し合いを行うと『BBC』により報じられたが、またも同様の被害が出てしまった模様だ。

 マンチェスター・Uを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督は、ラッシュフォードに対する人種差別的投稿について「私は言葉を失っている。2019年にこんな話をすることになるとはどうかしている」とコメントを残している。

 イングランドでは、レディング(2部)のコートジボワール代表FWヤク・メイテと、チェルシーのU-21イングランド代表FWタミー・アブラハムもPK失敗により同様の被害を受けている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
61pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
43pt
バルセロナ
40pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
48pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング