FOLLOW US

チェルシー、GKカバジェロと契約更新へ…鍵を握るのはホームグロウン枠

チェルシーとの契約更新に近づいているカバジェロ [写真]=Getty Images

 チェルシーが元アルゼンチン代表GKウィリー・カバジェロとの契約更新に向けて動き出すようだ。3月1日付のイギリス紙『テレグラフ』が伝えている。

 現在37歳のカバジェロは2017-18シーズン開幕前にマンチェスター・Cからチェルシーへフリートランスファーで加入した。初年度はプレミアリーグで3試合、FAカップで6試合、カラバオ・カップ(フットボールリーグ・カップ)で4試合に出場。今シーズンはスペイン代表GKケパ・アリサバラガのバックアッパーとして、プレミアリーグ1試合、ヨーロッパリーグ(EL)2試合、FAカップ2試合、カラバオ・カップ2試合に出場。今季の開幕を告げる一戦のコミュニティ・シールドでもゴールマウスを守っていた。

 チェルシーはカバジェロのピッチ内の貢献だけではなく、ピッチ外でのプロフェッショナルな振る舞いも高く評価しているという。チェルシーは今シーズン限りで現行契約が満了となるカバジェロと、1年間の契約更新を行う予定のようだ。

 しかし、チェルシーがホームグロウン選手枠を満たせなかった場合、カバジェロが放出対象となる可能性もあるという。チェルシーは2月22日にFIFA(国際サッカー連盟)から今後2度の移籍市場における補強禁止処分を受けているため、今季終了後に選手を補強できない可能性がある。さらに、現在ホームグロウン選手として登録されている元イングランド代表DFガリー・ケーヒル、元同国代表MFダニー・ドリンクウォーター、元同国代表GKロバート・グリーンらの退団が決定的と見られている。チェルシーは毎シーズンGKの1選手をホームグロウン枠として登録する傾向があるため、補強動向次第ではグリーンとの契約を行う可能性もあるようだ。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA