2016.03.20

レスター、3試合連続完封勝利で首位堅守…岡崎は11戦連続スタメンもゴールならず

先制点を挙げたマフレズ(26番) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第31節が19日に行われ、クリスタル・パレスと日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターが対戦した。

 首位を走るレスターは、4試合負けなしで2位につけるトッテナムと勝ち点差「5」。残り試合数が8となったが、プレミアリーグ優勝に向けて負けられない戦いが続いている。今節は敵地で15位のクリスタル・パレス戦に臨む。先発メンバーは前節のニューカッスル戦と同じで、岡崎は11試合連続でスタメンに名を連ねている。

 立ち上がり先にシュートを打ったのはホームのクリスタル・パレス。3分、パペ・スアレからパスを受けたヤラ・ボラシエがエリア外中央から右足でシュート。これはGKカスパー・シュマイケルにキャッチされてしまう。

 18分にレスターに決定機が訪れる。ダニー・ドリンクウォーターからのスルーパスで抜け出したリヤド・マフレズが相手GKと1対1の場面を迎える。エリア内右から左足で狙ったが、GKウェイン・ヘネシーに足で防がれた。

 クリスタル・パレスは30分、左サイドでロングボールを受けたボラシエが右足でクロス。ファーサイドに走り込んでいたウィルフリード・ザハが右足で合わせたが、ゴール右に外れた。

 レスターが34分に試合を動かす。ドリンクウォーターからのパスを受けたジェイミー・ヴァーディが相手DFをかわして左足でグラウンダーのクロス。エリア内中央に走り込んでいたマフレズが左足で直接シュートを放つと、ボールはゴール右に突き刺さった。

 攻めるレスターは40分、マーク・オルブライトンが左サイドでボールを受けるとドリブルを仕掛ける。相手DFを2人かわしながらエリア内左に侵入し、右足を振りぬく。ボールはゴール右隅を捉えたが、GKヘネシーの好セーブに阻まれた。

 後半最初にチャンスを作ったのはレスター。47分、オルブライトンからエリア内中央でボールを受けた岡崎が、反転しながら右足でシュートを狙う。惜しくも枠を捉えることができず、ゴール右上に逸れた。
 
 レスターは76分、岡崎に代えてレオナルド・ウジョア、86分にマフレズに代えてジェフ・シュルップを投入。対するクリスタル・パレスも79分にドワイト・ゲイルを投入した。

 防戦一方の展開だったレスターは87分、ヴァーディが中央でドリブルを仕掛けて相手DFを背負いながらエリア内に侵入。右足でシュートを狙ったが、相手DFのスライディングに遭い、枠を捉えることができない。
終盤はクリスタル・パレスに猛攻を受けたが、最後までゴールを割らせず、試合はこのままタイムアップを迎えた。

 勝利したレスターはリーグ戦3試合連続の完封勝利。敗れたクリスタル・パレスはリーグ戦13試合勝ちなしとなった。

 次節、クリスタル・パレスは4月2日に敵地でウェストハムと、レスターは同3日にホームで日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦する。

【スコア】
クリスタル・パレス 0-1 レスター

【得点者】
0-1 34分 リヤド・マフレズ(レスター)

欧州リーグ順位表

チェルシー
93pt
トッテナム
86pt
マンチェスター・C
78pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る