サッカーゲームキングジャック6月号
2016.03.15

現実味を帯びるレスターの優勝…前半戦では残り8試合の対戦相手に無敗

レスター
岡崎(20番)のゴールを祝うレスターの選手たち [写真]=Leicester City FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは、14日に行われたプレミアリーグ第30節でニューカッスルに1-0と勝利を収め、2位トッテナムとの勝ち点差「5」を維持した。これで残りは8試合となり、奇跡のリーグ制覇にまた一歩近づいている。

 現在18勝9分け3敗で勝ち点「63」のレスター。優勝を争うトッテナム、アーセナル、マンチェスター・Cとの直接対決はすでに消化しており、さらに残り8試合で対戦するチームとの前半戦での対戦成績を見ると、レスターは6勝2分けで勝ち点20獲得と、好成績を収めている。

 レスターが残り8試合で前半戦と同様の成績を収めた場合、最終的な勝ち点は「83」にのぼる。一方、2位トッテナムは残り試合を全勝しても最高「82」までしか到達できないため、逆転は不可能となる。つまりレスターは、残り試合で勝ち点20を積み上げれば、ライバルの成績にかかわらずプレミアリーグを制することとなる。

▼レスター残り8試合対戦相手
クリスタル・パレス(A)
サウサンプトン(H)
サンダーランド(A)
ウェストハム(H)
スウォンジー(H)
マンチェスター・U(A)
エヴァートン(H)
チェルシー(A)

▼前半戦対戦成績(6勝2分けで勝ち点20獲得)
クリスタル・パレス(第10節1-0○)
サウサンプトン(第9節2-2△)
サンダーランド(第1節4-2○)
ウェストハム(第2節2-1○)
スウォンジー(第15節3-0○)
マンチェスター・U(第14節1-1△)
エヴァートン(第17節3-2○)
チェルシー(第16節2-1○)

・前半戦と同じ成績を収めた場合
→レスター 勝ち点「83」

・2位トッテナムが残り8試合全勝
→勝ち点「82」

・3位アーセナルが残り9試合全勝
→勝ち点「79」

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る