2016.02.19

マンCがレアルMFクロース獲得に動く…今夏の補強資金は250億円か

クロース
マンCが獲得に動くと報じられたクロース [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cが、レアル・マドリードに所属するドイツ代表MFトニ・クロースの獲得に動いている。スペイン紙『アス』が19日に報じた。

 同紙によると、来シーズンからマンチェスター・Cの指揮官に就任するジョゼップ・グアルディオラ監督と同クラブのフットボールディレクターを務めているアイトール・ベギリスタイン氏が、補強ターゲットの1人にクロースの名を挙げている。コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレの退団が濃厚と見られていることから、中盤の強化のためにクロースに白羽の矢を立てた模様だ。

 報道では、マンチェスター・Cは今年の初めにクロースの契約状況について調査を行い、同選手がレアル・マドリードとの契約を2020年まで残していること、年俸550万ユーロ(約6億9000万円)を受け取っていることを把握した。クロース自身に移籍の意向はないと報じられているが、マンチェスター・Cは同選手の獲得に動くと伝えられている。

 なお同紙は、イギリス紙『テレグラフ』の報道を引用し、マンチェスター・Cが今夏の移籍市場に2億ユーロ(約251億5000万円)の補強資金を用意していると伝えた。クロースの獲得にも巨額の移籍金を要すると見られるが、「金銭面の問題はない」と報じられている。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る