2016.02.15

プレミア13年目の36歳GKハワード、米復帰か…エヴァートン退団へ

ハワード
エヴァートン13年目のハワード [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 エヴァートンに所属するアメリカ代表GKティム・ハワードが、今シーズン限りで同クラブを退団する可能性が高まっている。スペイン紙『アス』が13日に報じた。

 報道によると、2006年からエヴァートンでのプレーを続けているハワードに、MLS(メジャーリーグ・サッカー)のコロラド・ラピッズへ移籍する可能性が浮上した。同紙は、エヴァートンのロベルト・マルティネス監督が「彼(ハワード)がエヴァートンのためにやってきたこと全てに感謝しなければならない」とコメントしていることを踏まえ、今シーズン限りでの退団が濃厚と報じている。なお、ハワードとエヴァートンとの間には2018年まで契約が残っているが、同紙は「プレミアリーグでのキャリアの終盤を迎えている」と伝えた。

 ハワードは1979年生まれの36歳。NY/NJメトロスターズに1998年に加入し、2003年にマンチェスター・Uに移籍した。以降はプレミアリーグでキャリアを歩み続け、エヴァートンでは2006年からプレー。プレミアリーグ13年目の今シーズンはリーグ戦第26節終了時点で23試合に出場している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
ワトフォード
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・ソシエダ
3pt
レガネス
3pt
バレンシア
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る