2016.01.25

アーセナル、ハーフタイムをビハインドで迎えた試合は4年以上勝ちなし

Generated by  IJG JPEG Library
チェルシーに敗戦を喫したアーセナル [写真]=Arsenal FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルは4年以上の間、ハーフタイムを負けている状態で迎えた試合で勝てていないことがわかった。24日付のイギリス紙『デイリーミラー』が伝えている。

 24日に行われたプレミアリーグ第23節チェルシー戦で、アーセナルは23分にスペイン代表FWジエゴ・コスタに先制点を献上し、前半を1点ビハインドで折り返した。後半に入っても得点を奪い返すことができず、そのまま0-1で試合は終了。アーセナルはリーグ戦5試合ぶりの敗戦を喫した。

 同紙によると、アーセナルがハーフタイムをビハインドで後半を迎えた試合で最後に勝ったのは、2011年の10月に行われたチェルシー戦だという。それ以来、プレミアリーグで30試合も前半をビハインドで終えたゲームがあったが、その戦績は0勝11分け19敗と、4年以上もの間勝てていない。

 チェルシーに敗れ、首位の座を譲ったアーセナル。30日に行われるFA(イングランドサッカー協会)カップ4回戦バーンリー戦を挟み、2月2日にプレミアリーグ第24節で日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンをホームに迎える。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
31pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る