2016.01.24

ダルミアンでサイドバック5選手が負傷…マンU監督「状況は悪い」

ダルミアン
サウサンプトン戦で負傷したマンUのダルミアン [写真]=Man Utd via Getty Images
マンチェスター・ユナイテッド公式日本語版。

 マンチェスター・Uに所属するイタリア代表DFマッテオ・ダルミアンが、23日に0-1で敗れたプレミアリーグ第23節のサウサンプトン戦で負傷し、サイドバック(SB)の負傷者は5人目となった。クラブ公式サイトが同日に伝えている。

 ダルミアンは、ゴール前に上げられたクロスに対応するため空中で競り勝ったが、FWシェーン・ロングと接触し、ピッチ上で治療を受けた。負傷直後こそ続行可能に見えたが、プレーできる状態ではなく、ダルミアンはDFパディ・マクネアーと交代となった。試合はその後、サウサンプトンの新加入FWチャーリー・オースティンにヘディングシュートを決められ、ホームゲームで敗れた。

 チームを率いるルイ・ファン・ハール監督は試合後、ダルミアンの状態について、次のように説明している。

「状態は悪い。彼は今、病院にいる。唾に血が混じっていた。肋骨、あるいは胸だと思うが、診断を待たなければいけない。そういう状態の選手を見るのは決して良いものではない。今は、彼が負傷した5人目のSBということしか言えない。しかし、問題を解決する方法は、私が毎週のようにやっていることだ」

 マンチェスター・Uは現在、SBを務めるDFマルコス・ロホ、DFアシュリー・ヤング、DFルーク・ショー、DFアントニオ・バレンシアが、全員手術を受けて離脱している。ダルミアンで主力SBの負傷は5人目。サウサンプトン戦で先発出場した18歳のキャメロン・ボースウィック・ジャクソンらも起用している状況で、ファン・ハール監督も同試合前に、「SBが必要だ。代わりの選手を獲得するため、今回の移籍市場で選手を探さなければいけない」と補強を示唆していた。

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る