2016.01.24

岡崎先発のレスター、3発快勝で暫定首位浮上…ヴァーディが7戦ぶり弾

岡崎慎司
ストーク戦で先発出場したレスターFW岡崎慎司 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第23節が23日に行われ、日本代表FW岡崎慎司の所属するレスターとストークが対戦した。

 リーグ戦ここ4試合負けなしで2位につけるレスター。首位アーセナルとは勝ち点「44」で並び、得失点差もわずか「3」差のため、首位浮上を見据えて勝利しておきたいところ。今節は、7位ストークをホームに迎えての一戦。前節のアストン・ヴィラ戦でリーグ戦4得点目を挙げた岡崎は、3試合連続の先発出場で、2戦連発に期待がかかる。

 試合はホームのレスターが攻勢に出る。18分、左サイドからのグラウンダーのクロスに中央のジェイミー・ヴァーディが左足でダイレクトシュートを放つが、GKジャック・バトランドに阻まれた。36分には、ペナルティエリア内左でセカンドボールに反応した岡崎が、思い切り良く右足シュートを放つが、枠を捉えられなかった。

 試合が動いたのは42分。右CKから、エリア手前中央のダニー・ドリンクウォーターがクリアボールに反応し、ダイレクトで右足を振り抜くと、抑えのきいたシュートはゴール左隅に突き刺さった。レスターが先制に成功して、1点リードで前半を折り返す。

 後半に入って57分、レスターはリヤド・マフレズがドリブルでエリア内中央に侵入し、横パスを選択。エリア内左に開いて待っていた岡崎だが、パスが短くシュートは相手DFにブロックされた。62分、岡崎が右足を負傷。1人で歩けたため大事には至らなかったようだが、クラウディオ・ラニエリ監督はレオナルド・ウジョアと交代させた。

 するとレスターは66分に追加点を獲得。ドリンクウォーターのロングパスでエリア内中央に抜け出したヴァーディが、そのままGKバトランドもかわして、無人のゴールに流し込んだ。ヴァーディは2016年初ゴールで、リーグ戦7試合ぶり16得点目となった。さらに87分、マフレズがエリア内右で相手選手を股抜きで交わし、中央へパス。これに反応したウジョアが足を伸ばして流し込み、ダメ押しゴールを奪った。

 試合はこのままタイムアップを迎え、レスターがホームで3-0の快勝。首位のアーセナルは翌24日にチェルシーと対戦するため、暫定で首位に浮上した。なお、岡崎は62分までプレーした。

 レスターは次節、2月2日にホームでリヴァプールと対戦。ストークは、26日にキャピタル・ワン・カップ準決勝セカンドレグのリヴァプール戦、30日にFAカップ4回戦のクリスタル・パレス戦、2月2日に次節マンチェスター・U戦のアウェー3連戦に臨む。

【スコア】
レスター 3-0 ストーク

【得点者】
1-0 42分 ダニー・ドリンクウォーター(レスター)
2-0 66分 ジェイミー・ヴァーディ(レスター)
3-0 87分 レオナルド・ウジョア(レスター)

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る