2016.01.07

ゲーム会社がトッテナムFWケインに謝罪…昨季ブレイクも能力低いまま

ケイン
トッテナム所属のイングランド代表FWケイン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ゲーム会社『セガ』から発売されているサッカークラブ経営シミュレーションゲーム『フットボール・マネージャー』の制作者が、トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインの能力を低く設定したとして、本人に謝罪したことを明らかにした。6日 のイギリス紙『デイリーミラー』などが報じた。

 同ゲームソフトの制作会社『スポーツ・インタラクティブ』の開発部長を務めるマイルズ・ジャコブソン氏は、「我々はハリー・ケインを選手としてゲームに組み込んでいたが、ケインには個人的に謝罪した。彼は長い間、他のクラブへレンタル移籍していた時期があり、我々は彼が今のレベルに到達しないと思っていたから」と語った。

 さらに同氏はロンドン・フットボール・アワーズの授賞式に参加した際、ケインから「僕はゲームの中の自分の能力を上げてもらうために全力を尽くす」と話をされたことも明かしている。

 現在22歳の同選手はミルウォール、ノリッジ、レスターなどでのレンタル移籍を経てトッテナムへ戻ると、昨シーズンはプレミアリーグ通算21ゴールを叩き出し、得点ランキングで2位に入るなど頭角を現した。今シーズンも第20節を終えて、得点ランキング5位のリーグ通算11ゴールを挙げ、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権獲得圏内の4位につけるチームに、エースとして大きく貢献している。

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る