2016.01.07

ジェラード、再びリヴァプールの主将としてプレー「興奮している」

ジェラード
かつてリヴァプールでプレーしていたジェラード [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 昨年5月に17年間プレーしてきたリヴァプールでのラストゲームを終え、同クラブを退団した元イングランド代表MFスティーヴン・ジェラードが、再びリヴァプールのキャプテンとして試合に出場することとなった。リヴァプールのクラブ公式HPが伝えている。

 ジェラードは7日にシドニーで行われる「リヴァプール・レジェンド」対「オーストラリア・レジェンド」のエキシビションマッチに出場する。同試合でジェラードは昨シーズンのプレミアリーグ最終節ストーク戦以来、約8カ月ぶりにキャプテンマークを巻いてプレーするようだ。

 ジェラードは「とても興奮しているよ。リヴァプールのシャツを着るといつもプレッシャーがかかるし、それは今回も変わらないと思う。でも僕はその感覚を楽しみたいね」と試合に向けて意気込んだ。

 また、「キャラガーやファウラーとプレーできることはとても幸運だね」と語り、同じチームでプレーすることになる元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏や、同FWロビー・ファウラー氏らとの共演を待ち望んだ。

 最後にジェラードは、「準備はできている。勝つためにここに来た」とコメントし、オーストラリアでの試合で勝負にこだわる姿勢を見せた。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る