2015.12.18

チェルシーがモウリーニョ監督の退任を発表…昨季二冠から一転し今季低迷

モウリーニョ
解任が発表されたモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーは17日、チームを率いるジョゼ・モウリーニョ監督の退任をクラブ公式HPで発表した。

 2004年から2007年まで同クラブを率いたモウリーニョ監督は、インテルレアル・マドリードでの監督生活を経て、2013年夏にチェルシーへ復帰。初年度こそ無冠に終わったものの、各クラブで結果を残している“就任2年目”の2014-15シーズンには、プレミアリーグとキャピタル・ワン・カップの二冠を達成した。

 しかし、開幕戦前日に契約を延長して臨んだ今シーズンは大苦戦。プレミアリーグ第16節終了時点ですでに9敗を喫し、首位レスターと20ポイント差の16位に沈んでいる。キャピタル・ワン・カップではPK戦の末ストークに敗れ、4回戦で大会から姿を消した。また、審判批判により相次ぐ処分を受けるなど、問題行動も目立っていた。リーグ開幕戦終了後にはチームドクターを痛烈に批判し、クラブから追放していた。

 同クラブは、2度の任期でリーグ戦とリーグカップ戦をそれぞれ3回制覇、FAカップとコミュニティ・シールドで1回ずつの優勝を導いたモウリーニョ監督を「クラブ110年の歴史で最も成功を収めた指揮官」と称賛。だが、「ジョゼとクラブ幹部は、今シーズンの不振を認めた上で、両者にとって別の道を進むことが最善の選択だと信じています」とコメントし、今シーズンの低迷を理由に、退任で両者が合意に至ったと伝えた。なお、後任はまだ決定していない。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング