2015.09.19

モウリーニョとの関係を明かすデ・ブライネ「2回しか話さなかった」

デ・ブライネ
今シーズンからマンチェスター・Cでプレーするデ・ブライネ [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cに所属するベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネが、かつてプレーしたチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督との関係について言及した。18日、イギリス紙『デイリーメール』など複数メディアが伝えている。

 2012年にヘンクからチェルシーに加入したデ・ブライネだったが、同年はブレーメンにレンタル移籍しプレーしていた。そして2013-14シーズンにチェルシーへ復帰を果たしたものの、定位置を確保することはできず、プレミアリーグでの出場がわずか3試合と不遇の時を過ごした。その後、ヴォルフスブルクでチームの中心として活躍した同選手は今夏、移籍金推定5500万ポンド(約102億万円)でマンチェスター・Cへ加入しプレミアリーグに再挑戦している。

 デ・ブライネは、「2年前の僕とは比較できないよ。あの頃は若かったし、ほとんどプレーすることがなかった。ベンチにすらいなかったからね」と、チェルシー時代の自身とは比べられないと主張。

 そして、「僕は十分な説明を受けていなかった。モウリーニョ監督とは2回しか話をしていない。彼は僕にチャンスを与えると言った。それから1週間、1カ月と一生懸命トレーニングに励んだけど、プレーする機会は得られなかった。だから僕は移籍したいと伝えたんだ。僕にとってチェルシーを離れることが最良だと思ったからね」と、モウリーニョ監督との希薄な関係を明かした。

 また同選手は、「僕は監督とたくさん会話するタイプではない。もちろん、なにを考えていて、自分がなにをすべきなのかを知る必要はあるけどね。おそらくそれがチェルシーで間違っていた部分だろう」と指揮官とのコミュニケーション不足が結果を残せなかった原因のひとつであるとの考えを示している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
セビージャ
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング