2015.08.22

プレミアリーグが異例の公式声明…リヴァプール決勝点はオフサイド

ベンテケ
移籍後初得点を喜ぶベンテケ [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 18日に行われたプレミアリーグ第2節で、リヴァープールはボーンマスと対戦し、1-0で勝利を収めた。リヴァプールのベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケが同試合で挙げた決勝ゴールに関して、プレミアリーグが見解を示している。21日付のイギリス紙『ガーディアン』が伝えた。

 問題のシーンは21分、イングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが右サイドからクロスを供給すると、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョがニアサイドで反応。同選手は懸命に足を伸ばすもボールに触れることはできず、ファーに待ち構えたベンテケがゴールに押し込んでいる。

 映像を確認すると、最初に飛び込んだコウチーニョのポジションは明らかなオフサイド。ボーンマスの選手たちは主審に抗議をするも、審判団はコウチーニョがプレーに関与したとは判断せず、得点が認められた。

 しかし試合から3日が経過した21日、リーグ側は「通常の場合、プレミアリーグは主審の決定に対してコメントを出すことはありません。しかしオフサイド規則の新解釈が発表されたばかりで、開幕直後に起こったということもあり、今回の実例についてファンや関係者へ公表すべきだと考えました」と前置きし、得点は認められるべきではなかったとコメントしている。

 コウチーニョのプレーについて「新解釈では、ボールに触れなくてもプレーに干渉したことになります。ボールの近くで相手選手に影響を与えるだけで、プレーしたとされるのです」と、発表した。

 一方、「今回のケースではすでに判定が下されているため、ルールによって強制的に結果を正すことはありません」と、試合結果は変わらないことを明かしている。

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る