2015.08.19

英国で赤ちゃんに「ロナウド」や「メッシ」と名付ける親が増加中

メッシ ロナウド
1月のバロンドール授賞式に出席したメッシ(左)とC・ロナウド(右) [写真]=Getty Images

 近年、世界最高の選手の座を争っているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、親が赤ちゃんに名前をつける際にも大きな影響を与えているという。18日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 同紙はイングランドとウェールズの国家統計局が発表した統計を掲載。それによると同国では2014年に11人の赤ちゃんが「ロナウド」、4人が「メッシ」と名付けられている。また、C・ロナウドがバロンドールを受賞した2008年には21人の「ロナウド」が誕生。2009年にはメッシが同賞に輝くと、「メッシ」と名付けられた赤ちゃんが前年のゼロから6人と急上昇した。

 なお、1998年には20人が「ロナウド」と名付けられているが、これはかつてブラジル代表として活躍し”怪物”と呼ばれていたロナウド氏に由来するものだと考えられる。同氏の存在も影響し、統計が初めて照合された1996年以降、220人が「ロナウド」、28人が「メッシ」の名を授かっている。

欧州順位ランキング

チェルシー
52pt
トッテナム
45pt
リヴァプール
45pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
39pt
ライプツィヒ
36pt
ヘルタ・ベルリン
30pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
40pt
セビージャ
39pt
バルセロナ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
45pt
ローマ
44pt
ナポリ
41pt
欧州順位をもっと見る