2015.03.14

吉田が日本の英語教育を問題視「話せなければチャンスがないも同然」

吉田麻也
サウサンプトンに所属するDF吉田麻也 [写真]=Getty Images

 イギリス紙『インデペンデント』が13日、サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也のロングインタビューを掲載した。

 吉田は、2012年にVVVフェンロからサウサンプトンへ加入。プレミアリーグで初めてピッチに立ったのは、途中出場したアーセナル戦だった。吉田は「とても難しいデビュー戦で、結果も恐ろしいものだった。でも、良い経験だったと思います」と、6失点で敗れたデビュー戦の苦い思い出を語った。

 今回のインタビューはすべて英語で実施。サウサンプトンに来てから約2年半が経過した吉田は、語学力が自身の可能性を広げると話す。

「最初は英語が完璧ではなかった」という吉田は、「オランダにいたとき、彼らは簡単な英語を話すので、僕にとってはいいステップになったと思っています。ただ、サウサンプトンに来ると、みんながとても早口で。もしリッキー・ランバートと話していても、完全に理解することはできなかったと思います。でも2年半が経って、僕はより理解できるようになったし、より快適に過ごせるようになった」とコメント。英語の上達が、チームメイトとのコミュニケーションや、イングランドでの生活を助けたと明かした。

 そして「日本人が英語を話すことができないのは、教育の問題です。僕も12歳から高校まで英語を学びました。6年間勉強しても、人々は英語を読むことも話すこともできないんです」と指摘。「英語が話せなければ、チャンスがないのと一緒。それは残念なことで、何人かの日本人選手は怠けている」と自身の見解を示した。

 吉田は、1月にサウサンプトンとの契約を2018年まで延長している。新契約締結に喜びを見せると同時に、まだ成功を収めたわけではないと語る。

「僕はプレミアリーグでプレーする日本人選手の先駆者になりたいんです。カップ戦を合わせると3ゴール、これは十分ではない。これからプレミアリーグに挑戦する日本人にとってより高いハードルを作りたい。それに僕の成功は、他の日本人選手のための道しるべになります。僕の成功はアジア人ディフェンダーの成功で、もし成功を収めたならば、イングランドのチームが『日本やアジアのディフェンダーは役に立つ』と思ってくれるはずです。それが自分の仕事だと思っています」

 自身が活躍し続けることで、日本人だけではなく、アジア人の評価を高めたいとの決意を述べている。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
6pt
マンチェスターU
6pt
ハル
6pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
3pt
Rマドリード
3pt
セビリア
3pt
欧州順位をもっと見る
ローマ
3pt
ジェノア
3pt
キエボ
3pt
欧州順位をもっと見る