2014.12.06

リヴァプールFWバロテッリ、SNSでの人種差別発言でFAから告発

バロテッリ
リヴァプールでプレーするFWバロテッリ [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 リヴァプールに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリが自身のSNSで人種差別発言をしたとして、FA(イングランドサッカー協会)から告発されることが決定した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が5日に伝えている。

 バロテッリは自身のインスタグラムで、「人種差別者になるな」などと書かれた画像を掲載。しかし一部に反ユダヤ主義や人種差別ともとれるコメント入っており問題視されていた。また、批判が殺到したため、の同選手は自身のツイッターで「僕の母親はユダヤ人だ。みんな黙ってくれ」と反論。しかしその後、自身のツイッターで「もし誰かの感情を害することがあったら謝罪する。投稿は冗談交じえた人種差別反対を意味するものだった」と、差別の意図はなかったとし、謝罪のコメントを掲載していた。

 FAは5日、バロテッリの投稿が規則違反にあたるとして、公式サイトで「マリオ・バロテッリは、SNSへの最近の投稿に関してFAから告発されることとなりました」と、告発が決定した旨の声明を発表。同選手は、15日まで異議申し立てなどの返答をする期間が与えられている。

 これに対してリヴァプールの広報は、「私たちはFAの決定を受け入れます。選手はこ告発に返答する手続きを行います。その間、クラブはこれ以上のコメントを差し控えさせていただきます」と語った。

欧州順位ランキング

チェルシー
52pt
トッテナム
45pt
リヴァプール
45pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
42pt
ライプツィヒ
36pt
ヘルタ・ベルリン
30pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
40pt
セビージャ
39pt
バルセロナ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
45pt
ローマ
44pt
ナポリ
41pt
欧州順位をもっと見る