2014.09.05

開始12秒、92m弾…GKベゴヴィッチ、最長距離得点でギネス登録

ベゴヴィッチ
得点を祝福されるベゴヴィッチ (左) [写真]=Getty Images

 ストーク所属のボスニア・ヘルツェゴビナ代表GKアスミル・ベゴヴィッチが、「サッカーの世界最長(距離)得点」として、ギネス世界記録に登録された。クラブの公式HPが伝えている。

 対象となった得点は、2013年11月2日に生まれた。2013-2014シーズンのプレミアリーグ第10節で、ストークは日本代表DF吉田麻也、FW李忠成(当時)所属のサウサンプトンと対戦。開始直後、バックパスを受けたベゴヴィッチは自陣ゴール前から前方へ大きく蹴り出すと、ボールが敵陣深くでワンバウンドし、目測を誤ったサウサンプトンのGKアルトゥール・ボルツの頭上を越えて直接ゴールへ吸い込まれた。キックオフからわずか12秒で記録された得点が、今回ギネス記録に登録された。

 クラブ公式HPによれば、ベゴヴィッチの得点は、キック位置からゴールまでの距離が301フィートと6インチ(91.9メートル)で、世界最長だった。

 なお、ベゴヴィッチはクラブの公式HPを通じて、「GKとして、このような形で表彰されるとは思ってもいなかった。このような類の記録を作るなんて、本当に驚いているよ」と、感想を語っている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
49pt
レスター
39pt
マンチェスター・C
35pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
ボルシアMG
31pt
ドルトムント
29pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
35pt
レアル・マドリード
35pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
39pt
ユヴェントス
39pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング