2014.04.29

「モイーズは選手にバカにされていた」英紙がマンUの選手との確執を暴露

モイーズ
モイーズと選手との冷え切った関係を英紙が暴露 [写真]=Michael Regan/Getty Images

 マンチェスター・Uの監督をわずか10カ月で解任されたデイヴィッド・モイーズ氏は、選手との間に信頼関係を築けなかったと言われている。そんな中、イギリス紙『デイリーメール』はモイーズ氏が公然と選手たちに「バカにされていた」と暴露している。

 記事によると、2月25日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のオリンピアコス戦、アウェーで0-2と敗れた試合後に、モイーズ氏は帰国途中の飛行機の中で『ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則』という経営者向けのビジネス書を読んでいたという。それを見たある選手は、「オレたちはプレミア王者だぞ。なんでオレたちをマネジメントする方法を勉強しているんだ?」と記者に不満を漏らしたそうだ。

 さらに同紙は、1月のドバイ合宿で一部の選手たちが門限を破り、朝5時にホテルへ帰ってきたことや、モイーズ氏に冷遇された3人の選手たちが試合中のスタンドで、監督がいつクビになるか賭けていたこと、試合中に同氏が第4審判に抗議をした際に、ベンチの選手から「アイツを退席させろ。いない方がマシだ」という声が挙がったことなどを明かしている。

 また、モイーズ氏の退屈な練習に飽き飽きしていた一部の選手が、チーム情報をメディアにリークしていたという驚きの情報も。前任者のアレックス・ファーガソン氏は、かつてリークが発覚した際には選手の携帯電話を没収し、毅然とした態度でチームを律した。ファーガソン政権下では考えられなかった行為が蔓延するほど、モイーズ氏と選手たちの関係は冷えきっていたと同紙は報じている。

(記事/Footmedia)

欧州順位ランキング

マンチェスターC
18pt
トットナム
14pt
アーセナル
13pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
15pt
ドルトムント
12pt
ケルン
11pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
14pt
バルセロナ
13pt
Aマドリード
12pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
15pt
ナポリ
14pt
インテルミラノ
11pt
欧州順位をもっと見る