2014.04.28

ライバル・リヴァプール本拠地に前マンU監督モイーズ氏の銅像建つ

リヴァプール
アンフィールドの外に建てられたモイーズ像と記念撮影するリヴァプールファン [写真]=Getty Images

 22日に日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uの監督を退任したデイヴィッド・モイーズ氏だが、同クラブのライバルであるリヴァプールの本拠地であるアンフィールドに、同氏の銅像が建った。イギリス紙『デイリーメール』が報じた。


 この銅像は大手ブックメーカーである『パディ・パワー』が宣伝のために作ったもの。台座には「For services to Liverpool Football Club」(リヴァプールFCのために奉仕)と記載。マンチェスター・Uは今シーズン7位に沈む一方、リヴァプールは現在首位と優勝に近づいている。ライバルの失速に“貢献”したモイーズ監督への皮肉は、リヴァプールファンに好評だったようだ。同社は、モイーズ前監督のマンチェスター・U最後の指揮となったエヴァートン戦でも、ベンチ近くの観客席に死神のコスプレをした人間を派遣していた。

 プレミアリーグとなった1992-93年以降、優勝を重ねてきたマンチェスター・Uは、フットボールリーグ時代を含め20回と、歴代1位の優勝回数を誇っている。一方のリヴァプールは18度の優勝を飾っているが、1989-90シーズン以降、遠ざかっている。

 この銅像は27日に行われた2位チェルシーとの天王山の日にお披露目されたが、同試合でリヴァプールは0-2と敗戦。チェルシーとの勝ち点差を2に縮められ、1試合消化の少ない3位マンチェスター・Cとは勝ち点3差で、得失点差ではマンCが有利なため、全勝するとマンCが逆転する可能性が高い。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング