FOLLOW US

快進撃のアタランタに悲劇的な幕切れが…指揮官が勝負を分けたポイントを語る

アタランタをベスト8にまで導いたガスペリーニ監督 [写真]=Getty Images

 アタランタを率いるジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督は、逆転負けを喫したパリ・サンジェルマン(PSG)戦を終えてコメントした。12日、ヨーロッパサッカー連盟(UEFA)が公式サイトで伝えている。

 12日、アタランタはチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。クラブ史上初のCL出場で快進撃を見せるイタリアの雄は、前半にクロアチア代表MFマリオ・パシャリッチのゴールで先制に成功するも、後半からフランス代表FWキリアン・エンバペを投入しギアをあげたPSGを相手に力負け。試合終了を目前にして2ゴールを奪われ、準決勝進出への道は閉ざされてしまった。

 アタランタを指揮するガスペリーニ監督は、勝負を分けたPSGとの差を振り返り、敗戦の悔やしさを滲ませた。

「数本のセットプレー、いくつかのわずかな瞬間やその状況…そのようなディテールが、先に進む者とそうでない者を分けたね」

 アタランタはこれでCLから姿を消し、今季の公式戦の全日程を終了することとなった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA