FOLLOW US

ユーヴェ撃破の立役者アワールがベスト8進出へ意気込み「餌食となるためではなく…」

リヨンの勝利に貢献したアワール [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグのユヴェントス戦を終え、リヨンの勝利に貢献したフランス人MFフセム・アワールがコメントした。27日、フランス紙『レキップ』が報じている。

 リヨンは26日、ユヴェントスをホームに迎えてファーストレグを戦い、フランス人MFリュカ・トゥザールのゴールで1-0と勝利した。優勝候補の一角である強豪を枠内シュートわずか1本に抑えたリヨンの戦いぶりは多くの称賛を集めている。トゥザールの決勝ゴールを自らのドリブル突破でアシストし、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出されたアワールが、試合後にゲームを振り返りコメントした。

「僕たちの下馬評が低かったことは知っていたし、それでも素晴らしい試合をした。でもまだセカンドレグが残っている。まだ感情を高ぶらせてはいけない。僕たちは必要なすべてを注入したが、これはまだファーストレグで、何も成し遂げてはいない。十分な野望を持ってセカンドレグに臨むよ」

「でも、まずはポイントが必要なリーグ戦に戻らなくてはいけないね。それから、(ユヴェントスの)餌食となるためではなく、自信をもって試合に挑むよ」

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA