2019.09.19

CLドロー発進のトッテナム…指揮官が反省の弁「プランを実行できていなかった」

チームの出来に不満を示した、トッテナムのポチェッティーノ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、オリンピアコス戦の出来に困惑しているようだ。18日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。


 トッテナムは18日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節でオリンピアコスと対戦。30分までにハリー・ケインルーカス・モウラがネットを揺らして2点のリードを得たものの、前半のうちに1点を返されると、後半立ち上がりにも被弾。最終的に2-2で試合を終えた。

 試合後、ポチェッティーノ監督はトッテナムの選手たちに「激しさが足りなかった」と指摘した。

「何が悪かったのかって? 説明するのは簡単だと思う。激しさが要求されるレベルに達していなかったため、私たちは苦労することになった」

「CLのレベルでは、強さ、攻撃性、パッション、モチベーションの面で相手を上回らないといけない。この試合へのプランは持っていたけど、それを実行することができていなかった」

 トッテナムは次節、10月1日にホームでバイエルンと対戦する。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
マンチェスター・C
16pt
アーセナル
15pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
15pt
バイエルン
14pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
18pt
バルセロナ
16pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
19pt
インテル
18pt
アタランタ
16pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング