2016.03.09

レアル本拠地でスタンディングオベーション…トッティ「とても感動した」

J・ロドリゲス、トッティ
試合後、J・ロドリゲスと健闘を称えあうトッティ(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが8日に行われ、ローマはアウェーでレアル・マドリードと対戦。0-2で敗れ、2試合合計スコア0-4で敗退が決まった。

 試合後、ローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティがイタリアメディア『メディアセット』のインタビューに応じた。

 トッティは74分、イタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィとの交代で途中出場。ピッチへ入る際、レアル・マドリードのサポーターからスタンディングオベーションを受けた。

 トッティは「とても感動した。とても素晴らしい記念になる。自分がサッカーに何らかのものを与えてきたと言えるのだろう。とてつもなく素晴らしいスタジアムからの感謝の気持ちだ」と話し、心を打たれたことを明かしている。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る