サッカーゲームキングジャック6月号
2015.10.23

元Jリーガー・ドゥンビア、世界最高峰の舞台で驚異的な得点率を記録

ドゥンビア
マンU戦でゴールを挙げたドゥンビア [写真]=Getty Images
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 21日にモスクワで行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節、CSKAモスクワ対マンチェスター・Uの一戦。

 この試合が始まるまでグループBでは全4チームが勝ち点3で並んでおり、混戦の様相を呈していた。2シーズンぶりにCLの舞台に帰ってきたマンチェスター・Uにとっては、思い出深いモスクワの地で白星を飾りたいところだったのだが、前半のうちに失点を喫し、その後同点としたものの1-1で引き分けた。

 14分、マリオ・フェルナンデスの突破からCSKAモスクワがPKを獲得すると、ペナルティスポットにMFロマン・エレメンコが向かう。

 エレメンコのキックはGKダビド・デ・ヘアに弾かれたものの、ここに詰めていたのがかつてJリーグでも柏レイソルや徳島ヴォルティスでプレーした、FWセイドゥ・ドゥンビア。あのマンチェスター・Uから元Jリーガーがゴールを奪ったのだ。

 さて、そんなドゥンビアといえばCSKAモスクワのエースとして長く活躍しているが、これが自身CLでの13得点目。

 世界最高峰のステージで2桁ゴールを記録するほどの選手に成長したわけだが、驚異的であるのはその「得点率」だ。

 13得点を決めているドゥンビアだが、なんと出場試合数はわずかに18試合。これは計算すると1試合0.722得点ペースである。

 CLでの得点率ランキングで上位に入っているFWリオネル・メッシや元オランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイ氏と比較するとゴール数もまだ少なく、実数を伴った価値は異なるが、それでもCLという舞台で1試合0.72得点という得点率はお見事と言う他ない。

 ローマでは全く力を発揮できず、この夏CSKAモスクワへと復帰し本来の調子を取り戻しつつあるドゥンビア。CLでのこの驚異的な勝負強さをどこまで維持できるだろうか?

 なお、今節では20日に行われたゼニト対リヨン戦でゼニトのFWフッキが豪快なミドルシュートを決めており、2日連続で元Jリーグ選手が得点をあげたということになる。

(記事提供:Qoly)

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る