2015.09.19

ローマの主将トッティが味方に闘魂注入! 交代出場のGKに気合の蹴り

トッティ デ・サンクティス
トッティ(左)とデ・サンクティス(右) (写真は8月のもの) [写真]=AS Roma via Getty Images
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節が16日に行われ、グループEではローマとバルセロナが対戦した。

 世界が注目したこの試合に、ローマの“バンディエラ”こと元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティは出場しなかった。トッティは今月末には39歳を迎えるが、いまだ現役バリバリの選手である。この日のバルセロナ戦には出場しなかったとはいえしっかりベンチ入りしており、ベンチの中からチームを鼓舞した。

 さて、この試合ではローマにとってちょっとしたアクシデントが起きた。1-1で迎えた50分、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスとの交錯によりポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーが指先を痛めて負傷交代となったのだ。不測の事態にスタジアムは静まり返り、控えGKである元イタリア代表のモルガン・デ・サンクティスが交代の準備をしてピッチへと駆けて行ったのだが…

 この場面でトッティは「ほら、いってこいよ!」とでも言いたげに、これから試合に出場するデ・サンクティスを豪快に左足で蹴り、“闘魂”を注入してからピッチへと送り出したのだ。デ・サンクティスはトッティと同じ38歳。学年でいうとトッティの方が一つ上であるとはいえ…ローマというクラブにおけるトッティの親分っぷりがうかがえるシーンであった。

 ちなみにこのトッティ、試合後にはやはりあの選手のもとへと駆け寄っていた。この日、CL通算100試合出場を達成したバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだ。両者は今夏行われたジョアン・ガンペール杯でも試合後にユニフォームを交換するなど親交があり、お互いをリスペクトする関係である。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
ドルトムント
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る