2015.04.14

モドリッチを警戒するシメオネ監督「レアルの潜在能力を一段と高める」

モドリッチ
シメオネ監督が警戒するモドリッチ(右) [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督は13日、チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグのレアル・マドリード戦の前日会見に臨み、本拠地ビセンテ・カルデロンでの初戦に向けた抱負を述べた。

 昨シーズンのCL決勝では延長戦の末に1-4でレアル・マドリードに敗れたアトレティコ・マドリードだが、今シーズンの直接対決ではここまで4勝2分と地元ライバルを圧倒している。だがシメオネ監督は、“マドリード・ダービー”を近年と今回で比較する意味はないとの見解を示した。

「私は過去の対戦を振り返ったりはしない。なぜなら、明日の一戦はこれまでとは違う新たな試合だからだ。準々決勝での対戦は決勝での対戦とは異なるし、CLでの対戦はリーガでの対戦とも異なる。個人的には、レアル・マドリードは今回、ディフェンス面で相当に厳しいプレッシャーを掛けてくると想像している」

 一方、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが「テクニック面では僕らの方が彼らより優れている」と発言したことについて質問されたシメオネ監督は、相手の大黒柱の意見に同意しながらも、それほど重要視しなかった。

「クリスティアーノが言ったことが正しいのは間違いない。レアル・マドリードの方が多くのポジションにおいて個々のタレントでアトレティコ・マドリードを上回っているのは事実だ。しかし、それは両チームが持つ特徴の違いであり、各々が自分達に適したプレーをするまでのことだ」

 また、「レアル・マドリードは全ての選手が並外れている。私は彼らのフットボールに関する能力の高さをリスペクトしている」と述べたシメオネ監督は、その中でも故障から復帰したクロアチア代表MFルカ・モドリッチのピッチでの影響力の強さを警戒した。

「モドリッチの復帰は非常に大きな意味を持つ。彼の出現によりチームの中盤はアグレッシブかつダイナミックになる。彼はレアル・マドリードの物凄いポテンシャルを一段と高めることができる」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る