2015.02.18

PSGのD・ルイス、FKで“新技”披露? 主審の引いた白線を手で…

D・ルイス
試合中、バニシングスプレーを落とした主審に声をかけるダヴィド・ルイス [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のファーストレグが17日に行われ、パリ・サンジェルマンチェルシーの一戦は1-1のドローに終わった。

 チェルシーの1点リードで迎えた前半終了間際の44分に珍プレーが起きる。PSGはゴール正面右でFKを獲得すると、ボールの位置にはズラタン・イブラヒモヴィッチダヴィド・ルイスが近づく。好位置でのセットプレーに主審はボールと壁の位置を決めるため、バニシングスプレーを使う。

 ボールの位置に弧を描くように白線が引かれたが、イブラヒモヴィッチがセットしようとボールを持ったところで、D・ルイスがおもむろにしゃがむ。主審が壁の位置を調整するために目を離していたスキに、D・ルイスが白線の泡を右手ですくい、ボール一つ分内側にずらして、白線となるように泡を芝になでつけたのだ。

 イブラヒモヴィッチは何もなかったかのように、少しゴール正面側へと動いたバニシングスプレーのポイントにボールをセットし、FKを蹴ったがクロスバーを越えている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
セビージャ
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング