FOLLOW US

北川航也、途中出場からゴール狙うも無得点…ラピード・ウィーンは2位堅持

LASKリンツ戦に途中出場したラピード・ウィーンの北川 [写真]=Getty Images

 ラピード・ウィーンに所属する日本代表FW北川航也が、1日に行われたオーストリア・ブンデスリーガ第31節・LASKリンツ戦に78分から途中出場した。

 リーグ2位のラピード・ウィーンは、本拠地『アリアンツ・シュターディオン』にLASKリンツを迎えた一戦で、開始わずか4分で先制点をゲットすると、前半終了間際にも追加点を挙げた。72分に1点を返されると、78分に北川がピッチに入る。その後、チームは後半アディショナルタイムに決定的な3点目を決め、3-1で勝利を収めている。北川は積極的にゴールを狙っていったものの、無得点に終わっている。

 今シーズン、北川はラピード・ウィーンで公式戦19試合に出場。2ゴール1アシストをマークしている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA