2015.02.13

ランパードの「ちょっといい話」…母を亡くした17歳の相手選手に見せた心遣い

ランパード
08年に母親を亡くしているランパードはストークの若手選手に心温まる心遣いを見せた [写真]=Getty Images 

 今週ミッドウィークに行われたプレミアリーグで、心温まるエピソードがあったようだ。『インデペンデント』紙をはじめ英国各紙が伝えている。

 舞台となったのは、ブリタニア・スタジアムで行われたストーク対マンチェスター・シティ戦である。

 ホームゲームながら、シティ相手に1-4と大敗したストーク。

 しかし、この試合、ある選手が記念すべきプレミアリーグデビューを飾っている。ストークの下部組織出身で、17歳のMFオリヴァー・シェントンである。

 スティーヴン・ヌゾンジと交代で出場したシェントン。ここまで出場した試合は昨年8月のリーグカップ、ポーツマス戦のみで、昨年11月にプロ契約を結んだばかりである。では、なぜシェントンは出場機会を得ることができたのだろうか?

 実はこの数日前、シェントンの母親であるマンディさんが乳がんで亡くなっていた。15年間にわたり闘病していたようで、葬儀が行われたのはこの試合の2日前だったという。

 おそらくストークのマーク・ヒューズ監督には、そんなシェントンにせめてプレーする機会を与え、その姿を天国の母親に手向けたいという想いがあったはずだ。こうして、シェントンは強豪チームとの一戦でプレミアリーグデビューを飾ったのだ。

 しかし、この話には続きがあった。

 どうやらこの試合後、対戦相手のフランク・ランパードがシェントンに自身のユニフォームをプレゼントしていたようなのだ。

 最愛の母親を2008年に亡くし、その数日後に行われたリヴァプールとのUEFAチャンピオンズリーグ準決勝に挑んだランパード。その試合で決めたPKのシーンは語り草となっており、腕に巻いていた喪章にキスし天を指さす仕草は多くのファンの胸を打った。

 そうした自身の経験と17歳が重なったのだろうか。

 プロ選手として、そしてプレミアリーグでプレーする先輩選手としてお手本となるようなふるまいである。

 プレミアリーグ公式HPによれば、シェントンがピッチに立ったのはわずか25秒。チームの反撃に貢献することはできなかった。

 しかし、彼にとってこの一夜はとてつもなく大きな一歩となったことだろう。未来あるシェントンの成功を祈りたい。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る