2014.11.25

セリエBで“珍事” 一節のみでPK10回、レッドカード11枚が発生

セリエB第15節で11枚のレッドカードが提示された [写真]=Getty Images

 21日から23日に行われたイタリア・セリエB第15節で、一節でPK10回、レッドカード11枚が提示される珍事が発生した。

 ブレシア対カルピの一戦では、ブレシアのFWアンドレア・カラッチョロがPKだけでハットトリックを達成し、対するカルピは2人の退場者が発生。モデナ対ペスカーラ戦ではペスカーラに3人の退場者が発生するなど、第15節でPKもしくは、レッドカードが発生した試合は7試合にものぼった。

 今シーズン、セリエB第15節終了時点で提示されたレッドカードは92枚。昨シーズンの総数が171枚だったことを考えると例年にないほどのハイペースとなっている。この“珍事”にイタリア現地では「八百長では?」との声も上がっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る