2014.06.16

ロッベンがスペイン戦で“世界最速”を記録…100mなら10.28秒

ロッベン
オランダ代表のロッベン(左)はスペイン戦で世界最速記録を更新した  [写真]=Getty Images

 13日に行われたブラジル・ワールドカップのグループB第1戦で、オランダ代表は前回王者のスペインに5-1という歴史的な大勝を挙げた。世界中を驚かせたこの試合で2ゴールを記録したオランダ代表のアルイェン・ロッベンが、サッカー史上最速スピードを記録したと、オランダ紙『テレグラフ』が報じている。

 同紙によるとFIFAは、ロッベンがチーム5得点目となるゴールを決めたシーンのスプリントを測定。スペイン代表DFのセルヒオ・ラモスを置き去りにしたロッベンのスプリントは、トップスピード時速37キロを記録した。

 ロッベンがこの試合で記録した速度は、アーセナルのFWセオ・ウォルコットがマークした時速35.7キロを上回り、史上最速記録を更新。また、マンチェスター・U所属のエクアドル代表MFアントニオ・バレンシアが、時速35.2キロで両者に続いている。

 さらに同紙は、ロッベンが100メートル走でこの速度を維持した場合、10.28秒を記録することになると算出している。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る