2014.05.31

コートジボワール代表コロ・トゥーレがマラリア発症

K・トゥーレ
K・トゥーレはマラリア発症の治療のため休養している [写真]=Getty Images

 コートジボワールサッカー協会は30日、同代表のDFコロ・トゥーレがマラリアを発病したと公表した。2008年から感染していたという。

 発表によるとK・トゥーレは代表合宿前にコートジボワールのアビジャンに帰省し、そこで体調を崩したようだ。米国ダラスでの代表キャンプには参加していたが、31日 に行われたボスニア・ヘルツェゴヴィナ戦は欠場していた。

 チームドクターのキリル・ダー氏はK・トゥーレの病状について、「28日から行っている治療は30日には終わる。休養する必要があるので、しかし、来週には練習に復帰できるだろう」と述べている。

 K・トゥーレはコートジボワール代表として100試合以上に出場。リヴァプールに移籍した今シーズンはリーグ戦24試合に出場している。

 コートジボワールはワールドカップ本大会ではグループCに所属。初戦で日本代表と対戦し、コロンビア、ギリシャと順に戦う。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る