FOLLOW US

中田英寿氏プロデュースのWebマガジン「にほんもの」がリニューアル! 新たにオンラインストアをオープン

中田英寿氏プロデュースの「にほんもの」がリニューアル [写真]=にほんもの/TSUKURU ASADA

 元日本代表MF中田英寿氏がプロデュースする、日本を繋ぐWebマガジン「にほんもの」が、15日にリニューアルされた。さらに、体験できる「にほんもの」として、日本全国からセレクトされた”こだわりの逸品”が見つかるオンラインストア『にほんものストア』もオープンしている。

 以下、リリースの通り。

「にほんもの」とは、2009年から中田英寿がスタートした日本全国47都道府県をめぐる旅の中で実際に訪問した農家や工芸家、日本酒蔵など、ものづくりの生産者をはじめ、宿やレストラン、景勝地や神社仏閣など、日本国内を旅する際のガイドブックとしても活用いただけるWEBマガジンです。

 そして、今回「にほんもの」のリニューアルに伴い新たに展開される『にほんものストア』では、中田英寿が実際に足を運んだ約2,000箇所の中から厳選した”こだわりの逸品”を購入していただくことができます。

 当オンラインストアでは、こだわりの逸品を購入できるだけでなく、日本のモノづくり、文化の素晴らしさをより多くの人に知っていただき、興味をもってもらうことを目的として、生産者のストーリー動画なども見ることができ、写真だけでは伝えることができない生産者のこだわりやモノづくりに掛ける思い、またその地域に根付く文化なども知っていただけるようなコンテンツも用意しております。

—————————————————————————–
■にほんものストア 生産者情報&取り扱い商品(一部抜粋)
【かなわ水産】
三保 弘太郎(かなわ水産株式会社 代表取締役副社長)
広島牡蠣の老舗『かなわ』は慶応3年に創業して以来、最高品質のかきを生産。
かきの種苗採取、かき筏製作、かき剥き身包装加工、 スチーム加工直営かき料理店など、海から食卓まで一貫している。

★商品説明:かなわかきフライ
生活排水が流れ込まない清浄海域に指定されている瀬戸内海の大黒神島周辺で育った生食用の牡蠣を、贅沢にかきフライ用として使用。牡蠣本来のクリーミーな旨みを味わっていただくため、衣に余分な味付けをせず、1粒ずつ丁寧に衣付けしています。凍ったまま2度揚げすることにより、衣はさっくり、中はジューシーに仕上がります。

【竹内商店】
竹内 太一(有限会社竹内商店)
昔より鰹の1本釣り漁業が盛んな高知県土佐宇佐町に構える竹内商店。
鰹を煮塾し、焙炉で焙乾させカビ付けして天日で乾燥、さらに追いカビと、丹念な作業と時間を要する鰹節づくりをする。

★商品説明:本枯節(腹)
農林水産大臣賞を受賞した、鰹節製造会社が作る最高品質の鰹節です。
削りたての鰹節が持つ、新鮮な風味が特徴です。濃厚な出汁を取ることができるので、味噌汁や麺つゆ、煮物など、しっかりとした味付けの料理に向いています。
脂肪分が多く、削ったときに粉になりやすいため、料理に和えたり、混ぜたりするのに使うのもおすすめです。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA