2016.03.28

“ファイター”から万能型へ、DF奈良竜樹の知られざるルーツ

nara03_01
リオ五輪世代のDF奈良竜樹 [写真]=ナイキジャパン
サッカー総合情報サイト

 北海道の北東部、オホーツク海にもほど近い北見市から、15歳の時に大都市札幌へと飛びだした。「高校は強いところでやりたかった」。コンサドーレ札幌U-18への加入によって、その想いは現実のものとなる。

 もっとも、プロ予備軍であるクラブユースへのステップアップも、彼を浮き足立たせることはなかった。「確かにレベルが高いところだったけど、トレセンで一緒だった選手もいたし、知らないところに飛びこむ感じではなかった。たまにサッカーをやっていた選手と、毎日一緒にやるというだけで。札幌に入ったからって浮かれるようなことはなかった」

 中学3年の頃からセンターバックでプレーするようになった。それまではサイドハーフなど攻撃的なポジションを務めていたが、「ヘディングとかも嫌いじゃなかったし、センターバックでも楽しみを見つけられていたので、すんなり受け入れられた」。そして高校2年の時に、自身のプレースタイルの方向性を見いだす。

「高2の頭に右ひざをケガして、3カ月ぐらいサッカーができなかった。その時に筋トレをガッツリやって、フィジカルで戦っていくイメージが付くようになった」。それからはファイター型のセンターバックとして名を馳せるようになる。「中学時代までは技術で勝負ができた。だけど、このケガが転機になってフィジカルにも力を入れるようになり、そういうセンターバックを目指すようになった」

 ただし、キャリアを重ねるごとにそのスタイルは徐々に変化を見せる。現在、目標に掲げるのは「チアゴ・シウヴァ(パリSG)」。その理由は「弱点がなくてできないことがないから」。今は「フィジカルでゴリゴリいこうとは思ってない。まだ若いしいろいろなものを吸収したい」

 国内屈指のパスサッカーを展開する川崎フロンターレへの加入は、彼に新たなエッセンスを与える。パススキル、カバーリング、そしてオーバーラップ。進取果敢に取り組み、日進月歩の成長を続ける。

 当然、リオデジャネイロ・オリンピックも視野に入れている。「クラブで試合に出てない選手が呼ばれるほど甘い選考にはならない」。まずは「川崎で結果を出すこと」。クレバーで柔軟な思考は、彼を「弱点がない」万能型のセンターバックへと昇華させる。

 昨シーズン、FC東京で経験した失意は、今シーズンの大きな糧となる。奈良竜樹は地に足をつけて日々邁進する。

文=安田勇斗

Jリーグ順位ランキング

浦和レッズ
41pt
神戸
35pt
川崎F
34pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
85pt
清水
84pt
松本
84pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
61pt
栃木
59pt
長野
52pt
Jリーグ順位をもっと見る