2016.01.31

大会MVPの中島翔哉、五輪へ向けた競争でも「一体感を大事に」

GettyImages-507595984
AFC U-23選手権カタール2016を制したU-23日本代表 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)決勝が30日に行われ、U-23日本代表とU-23韓国代表が対戦。日本が0-2から逆転を果たし、3-2で勝利を収めて優勝を決めた。

 今大会の最優秀選手賞(MVP)に選出されたFC東京MF中島翔哉が試合後、記者団の取材に応じた。

 中島は決勝を振り返って、「韓国はうまくて、本当に流れに乗れなかったですが、最後に逆転するのはこのチームらしいと思います。オリンピックに向けて、より自分たちで(試合を)コントロールできるようになっていかないといけない。こういう勝ち方ができるのも良いなと思いました」と、課題と収穫の両面を口にした。

 日本は後半開始早々に0-2とビハインドを負った。当時の心境を問われた中島は、「1点を返せば何が起こるか分からないのがサッカーですし、“1点を取るためにどうしよう”と考えていました」と明かし、2ゴールを挙げたサンフレッチェ広島FW浅野拓磨について「スピードのある選手なので、それを生かそうと考えていました。今までワンタッチのスルーパスはあまりなかったので、狙ってみて良かったと思います。今日は拓磨のおかげです」と、笑顔でチームメイトを称えていた。

 中島は今大会、6試合中5試合に出場して2得点を挙げた。MVPに選出されたことについては「チーム全員での賞なので、代表してもらった感じです」と話し、驚いたかと問われると「そうですね」と率直な感想を明かしていた。

 今夏に行われるリオデジャネイロ五輪は、8月4日にグループステージが開幕し、20日に決勝が行われる。今後は本大会出場へ向けた競争が始まるが、中島は「まずはオリンピックに出られたこと(出場権を獲得したこと)、優勝できたことは自信につながります。プレーで最も大事なのは自信です」と手応えを掴んでいる様子で、「本当はこのチームでオリンピックに行きたいですけど」と本音も明かしつつ、「ここからは競争なので。ただ一体感がこのチームの強みなので、そこは大事にしていきたいです」と、一体感を維持していきたいという思いを語っていた。

Jリーグ順位ランキング

浦和レッズ
41pt
神戸
35pt
川崎F
34pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
85pt
清水
84pt
松本
84pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
61pt
栃木
59pt
長野
52pt
Jリーグ順位をもっと見る