EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2016.01.31

「悔しさを糧に努力」…優勝を喜ぶ主将MF遠藤航「本当に嬉しい」

遠藤航
優勝カップを掲げる遠藤航(中央左) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)決勝が30日に行われ、U-23日本代表とU-23韓国代表が対戦。日本が0-2から逆転を果たし、3-2で勝利を収めて優勝を決めた。

 試合後、浦和レッズMF遠藤航がインタビューに応じた。

 キャプテンとしてチームを引っ張ってきた遠藤は「優勝するためにこの大会に臨んでいた。チームが1つになって、優勝カップを掲げることができて本当に嬉しい」と喜びを語り、「(韓国に)2点を先行されて苦しい展開になったけど、最後まで諦めずに自分たちの気持ちを全面に出してプレーしたからこそ、3点を取ってひっくり返して勝てたと思う。良いチームになれた」と、チームの成長を感じつつ、決勝を振り返っていた。

「1人ひとりが自分にできることをやったと思う。みんなで掴み取った勝利。アジアで勝てていない世代なので、“本当にリオ(オリンピック)に行けるのか”という不安を皆さんが持っていたと思う。そういう悔しさを糧にして努力してきた。少しずつ成長することができたと思う。本当に嬉しい」

 今までの悔しさと苦悩を言葉に紡いだキャプテンは「このチームの良さは一体感だと思う。ゴールを取ればみんなが喜ぶし、誰が出ても同じサッカーができる」と、頂点にたどり着いたチームを称した。

 今夏に行われるリオデジャネイロ五輪は、8月4日にグループステージが開幕し、20日に決勝が行われる。本大会に向けて、遠藤は「ここからが本当に厳しい戦いになる。チームとしてもそうだけど、もっともっと個人が成長しないといけない。この優勝に満足せず、努力していきたい」と、抱負を語っていた。

Pickup

Jリーグ順位ランキング

広島
40pt
鹿島
37pt
G大阪
31pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
42pt
C大阪
40pt
松本
38pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
27pt
栃木
27pt
大分
26pt
Jリーグ順位をもっと見る