2016.01.22

手倉森監督、「ミスしたら負け」の準々決勝は「見応えあるゲームに」

手倉森誠
U-23日本代表を率いる手倉森監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 22日に行われるAFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)準々決勝で、U-23日本代表はU-23イラン代表と対戦する。U-23日本代表を率いる手倉森誠監督が前日会見に臨んだ。

 日本は、3連勝でグループB首位通過を遂げた。「これからの日本のサッカー界を支える選手たちを鍛えたい」と語る手倉森監督は、グループステージ3試合では招集した23名のうちGK牲川歩見を除く22名を起用。準々決勝の先発メンバーについては「耐えながらやれば勝てるんだという認識のなかで、疲労などを考えながら練りたい」とコメントした。

 イランの注目選手を問われると「正確に名前を把握していないです(笑)」と述べたものの、「恐い選手はもの凄く揃っている。アタッカーは破壊力があると感じています。センターフォワードとサイドの選手はスピードがありますし、自由を与えてはいけないと思います」と警戒した。

「間違いなく厳しいタフなゲームになる。ほかの準々決勝の試合を含めてもイランと日本戦は見応えのあるゲームになる」と準々決勝を位置づけると、「勝負を分けるポイントはゴール。取るか取られるかだと思います。組織的にも戦術的にもスキル的にも高いものが求められるなかで、ミスをした方が負ける」とポイントを挙げた。そして、「集中力を高めて臨みたいです。とにかくイランを倒して、準決勝に進むことだけを考えて、90分もしくは120分を戦い抜きたいです」と、意気込みを口にしている。

Jリーグ順位ランキング

川崎F
13pt
浦和
13pt
横浜FM
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
50pt
松本
47pt
C大阪
47pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
36pt
長野
32pt
大分
30pt
Jリーグ順位をもっと見る