2014.11.19

日本戦で得点のケーヒル、Jリーグ加入の可能性は「ノーとは言えない」

ケーヒル
日本戦で途中出場から1得点を挙げたケーヒル [写真]=Getty Images

 キリンチャレンジカップ2014が18日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦。今野泰幸と岡崎慎司の得点により、2-1で日本が勝利した。

 73分から途中出場し、後半のアディショナルタイムに1点を決めたオーストラリア代表のFWティム・ケーヒルは試合後、オーストラリアの記者団に対し、「日本のことはすごくリスペクトしている。スタジアムやファンの雰囲気は素晴らしいよ。結果は残念だったね」とコメント。日本でのサッカーの環境に言及した。

 将来的なJリーグでのプレーについて可能性を考慮するか問われると、「決して『ノーだ』ということは言えない。ディエゴ・フォルランも素晴らしい働きをしているしね。Jリーグはいいリーグだよ」と、選択肢の一つとして頭にあるようだ。

 また、ケーヒルは試合後に自身のツイッターも更新。「今夜の素晴らしい雰囲気を作ってくれたサムライブルーのファンに感謝するよ。1月に皆さんをお招きすることを楽しみにしている」と綴り、2015年1月にオーストラリアで開催されるアジアカップについて触れている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
93pt
トッテナム
86pt
マンチェスター・C
78pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

柏レイソル
34pt
C大阪
32pt
鹿島アントラーズ
30pt
Jリーグ順位をもっと見る
福岡
40pt
湘南
40pt
東京V
34pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
33pt
富山
28pt
沼津
26pt
Jリーグ順位をもっと見る