EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2016.03.18

「今は真っ白」…なでしこ佐々木監督、今後に向けて「少し時間を置く」

大仁邦彌、佐々木則夫
会見終了後、笑顔で握手をする大仁会長(左)と佐々木監督(右) [写真]=内藤悠史
サッカー総合情報サイト

 日本サッカー協会(JFA)は18日、なでしこジャパン(日本女子代表)の佐々木則夫監督の退任会見を開催した。

 佐々木監督は会見の冒頭、「世界を目指して仕事をすることができた。世界との戦いで、結果もある程度出すことができた。そして、未来へとさらに向けることができた」と第一声。「リオ五輪出場には至らなかったが、僕自身は満足し、充実した11年間を指導者として経験できた。僕の大きな宝物になった」と、なでしこジャパンでの日々を振り返った後、記者団との質疑応答に対応。去就についての質問に対しては、以下のように答えた。

「今は真っ白な状況。“何をこれから(やっていくか)”ということは、本当に今は考えていない。選択できる幅があるかどうかはわからないが、少し時間を置く中で(考えていきたい)。どんな形でも女子サッカー界、サッカー界に寄与したいが、今は考えていない」

 現在57歳の佐々木監督は、2008年になでしこジャパンの指揮官に就任。同年の北京オリンピックで史上初のベスト4入りに導き、2011年の女子ワールドカップ・ドイツ大会では初優勝を果たした。同年にはFIFAバロンドール女子最優秀監督賞とAFC最優秀監督賞を受賞。2012年のロンドン・オリンピックでは銀メダルを獲得し、2015年夏に行われた女子ワールドカップ・カナダ大会では連覇を果たせなかったものの、準優勝を果たした。

 だが、2月29日から3月9日にかけて行われたリオデジャネイロ・オリンピックアジア最終予選では2勝1分け2敗の3位に終わり、4大会ぶりにオリンピック出場権獲得に失敗。10日付での退任が発表された。通算成績は125試合で80勝16分け29敗だった。

Jリーグ順位ランキング

鹿島
39pt
川崎F
38pt
浦和
33pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
39pt
C大阪
37pt
松本
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
24pt
栃木
24pt
大分
23pt
Jリーグ順位をもっと見る