2016.03.02

2戦連続1点止まりのなでしこ…大儀見「相手の守備が堅かった」

大儀見優季
2試合連続フル出場のFW大儀見優季 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リオデジャネイロ・オリンピック 女子サッカー アジア最終予選の第2節が2日に行われ、なでしこジャパン(日本女子代表)と韓国女子代表が対戦。1-1の引き分けに終わり、なでしこジャパンは開幕2試合で勝ち点1と厳しいスタートとなった。

 試合後、FW大儀見優季が記者団の取材に応じた。

 2試合連続のフル出場となった大儀見は「前回(オーストラリア戦)の反省を踏まえて『敵陣でサッカーをしよう』ということで、最終ラインの設定もかなり高い位置にした」と狙いを明かし、「ボールを支配する展開になって序盤からチャンスを作って、自分たちの攻撃のリズムを作れていたと思う」と、一定の手応えを示した。

 ただ、チームは2試合連続で1ゴールを挙げるにとどまり、勝ち切ることはできなかった。大儀見は「相手の守りは堅かったし、ペナルティーエリアの前でブロックを作って守備をされると、決定機を作り出すことはそんなに簡単ではなかったと思う」と、韓国の守備の印象を語っていた。

 同予選は、2月29日から3月9日にかけて大阪府で開催。日本、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)、オーストラリア、中国、韓国、ベトナムの計6チームが参加し、総当たりのリーグ方式で、上位2カ国にリオ五輪の出場権が与えられる。第2節終了時点で5位のなでしこジャパンは4日に中国と、韓国は同日にオーストラリアと対戦する。

Jリーグ順位ランキング

川崎F
22pt
浦和
22pt
鳥栖
21pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
66pt
松本
57pt
C大阪
54pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
43pt
鹿児島
37pt
大分
36pt
Jリーグ順位をもっと見る