FOLLOW US

名古屋、10人となった湘南の守り崩せず…2戦連続のスコアレスドロー

湘南と名古屋が対戦した [写真]=兼子愼一郎

 明治安田生命J1リーグ第8節が7日に行われ、湘南ベルマーレと名古屋グランパスが対戦した。

 名古屋は23分、マテウスがゴールから約30メートル離れた位置で左足一閃。縦に鋭く落ちるミドルシュートは枠を捉えていたが、相手GK谷晃生に凌がれる。対する湘南は28分、中盤でボールをカットしたところから速攻を展開。高橋諒がグラウンダーで折り返すと、名古新太郎がわずかにコースを変え、ボールは町野修斗に渡る。ペナルティエリア内で相手GKランゲラックとの一対一を迎えたが、町野のフィニッシュは枠を捉えることができなかった。

 湘南は40分、柿谷曜一朗を倒した三幸秀稔がイエローカードを提示される。すると43分、相手のカウンターをファウルで阻止した三幸が2枚目のイエローカードを提示されて退場し、湘南は残り時間を数的不利で戦うことになった。

 スコアレスで折り返すと、数的不利となった湘南が守備により一層の重きを置いたこともあり、名古屋はボールを握りながらも攻めあぐねる展開が続く。89分にはコーナーキックの流れから稲垣祥が鋭いミドルシュートを繰り出したが、相手の壁に弾き返される。

 試合はこのまま終了。湘南はリーグ戦3試合連続のドローで4戦未勝利、名古屋は2試合連続のスコアレスドローで開幕から7戦無敗となった。次節、湘南は10日にアウェイでサンフレッチェ広島と、名古屋は11日にアウェイで大分トリニータと対戦する。

【スコア】
湘南ベルマーレ 0-0 名古屋グランパス

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO