FOLLOW US

ガンバ大阪、今後の活動について発表…10日の大分戦は現時点で開催の方針に

ガンバ大阪が今後の活動に関する発表を実施した

 ガンバ大阪は5日、クラブ公式HP上で今後のトップチームおよびクラブ関係者の活動に関する発表を行った。

 G大阪では5日までに、新型コロナウイルス感染症のPCR検査で選手5名・スタッフ1名に陽性反応が確認されていた。現在、陽性者およびJリーグのプロトコルに従った濃厚接触者を隔離している。クラブは吹田保健所の調査に協力し、濃厚接触者および感染経路の特定を早急に行なっているという。濃厚接触者が特定されるまでの期間、トップチームは自主トレーニングのみとなり、チーム全体での活動は休止することが伝えられた。

 一方、4日に行われた新型コロナウイルス感染症のPCR検査の結果、フロントスタッフ・アカデミースタッフ・スタジアム関係者に関しては陰性であることが確認された。この結果を受けて、クラブは吹田保健所との協議を実施。陽性者が発生したトップチームとフロントスタッフ・アカデミースタッフ・スタジアム関係者には接点がないことから、活動再開は可能であるとの方向性が示されたという。そのため、自粛していたフロントスタッフ・アカデミースタッフ・スタジアム関係者の活動を5日付で再開したことを報告している。

 G大阪は今後の活動について「Jリーグおよび大阪府、吹田保健所との協議の結果、陽性者ならびに濃厚接触者の特定と隔離、また感染予防策のさらなる徹底を図ることで、チームの活動ならびに試合開催の再開は可能であるとの方向性が示されました。それらを受けまして、ガンバ大阪といたしましては現時点では3/10(水)明治安田生命J1リーグ第3節大分トリニータ戦開催に向けて準備を進めてまいります」と発表している。

 また、G大阪の代表取締役社長を務める小野忠史氏もクラブ公式HPを通じてコメントを発表した。

「この度はガンバ大阪のクラブ内で新型コロナウイルス感染症の陽性者が発生し、多大なるご心配とご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございません。現在、陽性判定を受けた選手・スタッフは保健所の指示に従った場所での療養を続けております。全員の一日も早い回復を願っております。また、連日の試合開催中止に伴いまして、Jリーグ、名古屋グランパスおよび鹿島アントラーズに関わる皆様、試合を楽しみにされていた全ての皆様に改めてお詫び申し上げます」

ガンバ大阪ではこれまで独自の感染症対策ガイドラインを策定し運用することで感染予防にも細心の注意を払っておりましたが、今回、クラブ内で多数の陽性者が出たことで改めてウイルスの脅威を痛感しております。現在、クラブはJリーグ・吹田保健所と連携を図り、濃厚接触者と感染経路の特定を早急に行っております。また、濃厚接触者の特定・隔離をすることで、チームの活動を止めずに再開することが可能との方向性を示していただきましたので、今後は3/10(水)大分戦の開催を目指し、準備をしてまいります」

「より一層の感染症対策を講じ、安心・安全な試合開催に向けて取り組んでまいりますので、皆様のご理解とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO