FOLLOW US

街を、心を青く染め上げろ! 川崎F、鹿島戦に向け『Paint it Blue 2020 ~今こそ川崎を青く染めろ~』を始動

『Paint it Blue 2020』参加を呼び掛けた川崎F谷口と藁科義弘社長 [写真提供]=川崎フロンターレ

 7月4日のリーグ戦再開が目前となった明治安田生命J1リーグ。川崎フロンターレは再開初戦、ホームの等々力陸上競技場に鹿島アントラーズを迎える。その川崎Fは、ホームタウン・川崎市をフロンターレブルーに染め上げるプロジェクト『Paint it Blue 2020 ~今こそ川崎を青く染めろ~』を告知し、サポーターに参加を呼び掛けている。

◆フロンターレの再開への取り組み『Re/☆☆☆ト(リスタート)プロジェクト』

 Jリーグクラブのなかでも抜群の発信力を持ち、様々な企画でサポーターを楽しませている川崎Fだが、新型コロナウイルスによるリーグ中断のさなかでも『Re/☆☆☆ト(リスタート)プロジェクト』として様々な施策に取り組んできた。その一環として、いよいよ迎えるリーグ戦再開に向けてクラブとサポーターの一体感を高めるために行われるのが今回の『Paint it Blue 2020 ~今こそ川崎を青く染めろ~』だ。

◆『Paint it Blue』とは?

『Paint it Blue』は、2002年から川崎Fが取り組んでいる施策だ。スタジアムに来場するサポーターに、家を出るときから青色の服やグッズを身に着けてスタジアムまで足を運んでもらい、スタジアムで観戦する際にも青色のフラッグやタオル等を使って応援してもらうことで、川崎の街やスタジアムのスタンドをフロンターレカラーで染め、川崎Fのホームタウン・ホームスタジアムに相応しい一体感のある雰囲気を作り上げることを目的とした活動で、開始から18年間クラブと街、サポーターが協力して取り組んできた。

 未曾有のパンデミックを経て、リモートマッチ(無観客試合)での再開となるため、スタジアムを青く染め上げることはできないが、クラブは「こんなときだからこそ、川崎の街全体を今まで以上にフロンターレカラーでいっぱいにすることで、この川崎市をもっともっと盛り上げていきたいと考えています」という思いで今回の取り組みに至ったという。

 この呼びかけに際し、川崎Fの代表取締役社長を務める藁科義弘氏がコメントを発表。シーズン再開に向けた意気込みを力強く語るとともに、この取り組みを通じてサポーターに支援を求めている。

川崎F代表取締役社長 藁科義弘氏 [写真提供]=川崎フロンターレ

「型コロナウイルス感染が広まる中で、Jリーグも長い間中断を余儀なくされてきましたが、何とか再開に漕ぎつけることができました。ウイルス対策に関係する皆さまのご努力・ご尽力に心より感謝申しあげます。(中略)限られた時間の中で精一杯の準備をしてきました。再開に向けて、選手一人ひとりが最高のパフォーマンスで臨み、フロンターレらしい試合運びでスタジアムを魅了し勝利を目指します」

「しかし、新型コロナウイルスは治まった訳ではありません。まだまだ予断を許さない状況は続きます。もちろんスタジアムでは感染防止対策をしっかり行いますが、残念ながら最初はスタジアムにお客様をお迎えすることができません。(中略)そこでファン・サポーターのみなさんにお願いがあります。スタジアムには行けなくても、試合日には家の中でも家の外でもフロンタ―レのユニフォームやグッズのTシャツを着用してください。スーパーに買い物に出かける時や、ちょっとコンビニまで行く時など、どんな時でもかまいません。街を青色に染めてください。みなさんの想いを『Paint it Blue』で表現してほしいのです。あの歓声がスタジアムに響き渡る日はもう少し先になりますが、その日が早く戻って来ることを祈りながら、再び『Paint it Blue』で街を染めましょう。まずは7/4の鹿島戦からフロンターレカラーで川崎の街をいっぱいにしてください。そして試合はDAZNから声援をお願いします。みなさんの熱い想いを胸に私たちは戦います」

 また、川崎F主将のDF谷口彰悟も合わせて声明を発表。離れて声援を送ることになるサポーターたちへの想いを以下のように語っている。

「まずは、このように僕たちが公式戦を再開できるようにご尽力いただいた全ての皆様に心から感謝いたします。ただ、Jリーグ再開にあたって、ファン・サポーターの皆さんは満足にスタジアムへお越しいただけない日々がまだまだ続く見込みです。そんなリモートマッチの中でも画面を通して、川崎フロンターレを応援してくれるすべての皆さんを笑顔に、元気にできるように僕たちは全力で戦います。再開にあたって、『こういった時だからこそ、優勝を目指そう』と、改めてチーム全員で想いを一つにしています。少しでもパワーアップした姿を見せられるようチーム一丸となって準備してきました。ぜひ、皆さんも心を一つに戦ってください。そして、そのためにスタジアムだけでなく、この街をフロンターレカラーに染めて、一緒に戦いましょう!!」

 この取り組みに合わせ、川崎Fは限定グッズの発売も実施。Tシャツや応援旗など、自宅で等々力陸上競技場にいる気分になれるスペシャルなラインアップが取り揃えられている。

【Paint it Blueグッズ ラインアップ】

●2020 Paint it Blue Tシャツ

等々力をフロンターレブルーに染めたい! という想いから製作された毎年の定番商品を今だからこそ着用しよう!!

Price. ¥1,900(税別)
Size. S/M/L/XL

●応援旗

青に染まったいつもの等々力陸上競技場を見るのはもう少し我慢が必要ですが、自宅やオフィスを青く染めることはできるはず!

Price. ¥3,600(税別)

 グッズは川崎FオフィシャルWEBショップにて購入可能。応援旗は受注販売となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA