2018.11.26

DF平川忠亮が現役引退を表明…浦和一筋17年「一つの後悔もありません」

平川忠亮
浦和DF平川忠亮が現役引退へ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 浦和レッズは26日、DF平川忠亮が今季限りで現役を引退すると発表した。12月1日に埼玉スタジアム2002で行われる2018明治安田生命J1リーグ第34節・FC東京戦終了後に、セレモニーが開催される。

 現役引退を決断した平川は、浦和のクラブ公式HPにコメントを掲載。周囲への感謝を綴った。

「今シーズンをもって、引退する決断をしました。ファン・サポーターのみなさんをはじめ、ホームタウンやパートナー企業のみなさんなど、本当に多くの方が僕や浦和レッズを支えてきてくれました。チームメートやチームスタッフ、そしてクラブも含め、すべての方に感謝しかありません。17年のプロサッカー人生というのは、自分の想像をはるかに超える期間でした。やりきった思いが強く、一つの後悔もありません。そして、浦和レッズというクラブで過ごせたことは、本当によかったと感じています。今後については、クラブと一緒にどのような形がよいか考えているところです。また、あらためてご報告できればと思います」

「浦和レッズのファン・サポーターは、温かいサポートをするだけではなく厳しい面もありました。でも、それが自分の成長につながったと思っていますし、あらためて、みなさんには感謝を伝えたいです。最終節の試合後には、みなさんに挨拶をさせてもらうことになると思いますが、湿っぽくはしたくありません。ぜひ、みなさん、スタジアムにお越しいただいていつもどおり共に戦い、勝利を勝ちとりましょう」

 現在39歳の平川は静岡県出身で、2002年に筑波大学から浦和に加入し、プロキャリアをスタートさせた。2006年にはJ1優勝、翌2007年にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝を経験。現役生活17年間を浦和で過ごし、7つのタイトル獲得を味わった。これまでの通算成績は、J1リーグ戦335試合出場9得点、JリーグYBCルヴァンカップ(前Jリーグヤマザキナビスコカップ)67試合出場1得点、天皇杯全日本サッカー選手権大会23試合出場0得点、ACL24試合出場0得点。今季はここまでJ1で2試合に出場したのみだった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る