2017.05.19

プレミアリーグの賞金、総額なんと578億円…Jリーグと比較するとどうなる?

プレミアリーグの賞金は総額578億円にものぼる [写真]=Getty Images
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 チェルシーの優勝が決まった2016-17シーズンのプレミアリーグ。

 残るは各チームとも1試合となっており、チャンピオンズリーグ出場権争いが最大の興味関心となる。

 とは言え、どのチームも一つでも白星を積み重ね、より高い順位でシーズンを終えたいもの。イギリスメディア『Telegraph』がプレミアリーグの賞金に関する話題を伝えていた。

 それによれば、プレミアリーグの賞金総額は3億9900万ポンド(およそ578億8200万円)!

 順位ごとの賞金額は以下の通りだ。

1位:3800万ポンド(およそ55億1000万円)
2位:3610万ポンド(およそ52億3500万円)
3位:3420万ポンド(およそ49億5900万円)
4位:3230万ポンド(およそ46億8400万円)
5位:3040万ポンド(およそ44億800万円)
6位:2850万ポンド(およそ41億3300万円)
7位:2660万ポンド(およそ38億5700万円)
8位:2470万ポンド(およそ35億8200万円)
9位:2280万ポンド(およそ33億600万円)
10位:2090万ポンド(およそ30億3100万円)
11位:1900万ポンド(およそ27億5500万円)
12位:1710万ポンド(およそ24億8000万円)
13位:1520万ポンド(およそ22億400万円)
14位:1330万ポンド(およそ19億2900万円)
15位:1140万ポンド(およそ16億5300万円)
16位:950万ポンド(およそ13億7800万円)
17位:760万ポンド(およそ11億200万円)
18位:570万ポンド(およそ8億2700万円)
19位:380万ポンド(およそ5億5100万円)
20位:190万ポンド(およそ2億7600万円)

 プレミアリーグでは順位が一つ上がるごとに賞金額が190万ポンド(およそ2億7500万円)大きくなり、1位と20位の間には36億1000万ポンド(およそ52億3700万円)もの差がある。

 これはあくまでプレミアリーグから支払われる「賞金」であって、各クラブはこの他に入場料やマーチャンダイジングで収入を得ている。さらには放映権の分配も行われるはずであり、各チームが得る総額はとんでもない額になる。

 では、Jリーグの賞金はどうなっているのだろうか?

1位:3億円
2位:1億2000万円
3位:6000万円

 こちらは、2017シーズンのJ1における賞金の内訳。

 なんと、優勝チームでもプレミアリーグの20位チームとほぼ同額であったのだ。比べること自体が無理のある話だが、実際に並べてみるとやはりプレミアリーグがいかに桁違いであるかが分かる。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る